副業でガールズバーを選ぶ際の注意点

ガールズバーでお客様にお酒を作って稼ぎましょう。 - ガールズバーとキャバクラの違いについて

ガールズバーとキャバクラの違いについて

数年前から、風俗店の一種として飲み屋タイプの物にガールズバーというタイプの業種が台頭してきました。
昨今では、都心の方を始め都会ではガールズバーの数もかなり増えてきており深夜帯まで営業しているようなお店も出てきました。
要はお水の仕事なんだろうという風に思うかもしれませんがキャバクラなどとガールズバーは実は全然違う営業形態の物なのです。

■キャバクラとガールズバーの違い
キャバクラとガールズバーは実は法律上で全く違う区別がされているタイプのお店なのです。
キャバクラは、風俗営業許可が必要な接待遊飲営業というものが必要なタイプの風俗店なのです。
つまり、男性客の隣にスタッフが座って一緒に飲食をしながら接客をするタイプのお店の事を言うわけですね。
しかし、ガールズバーの場合はあくまで店員が全員女性であるだけの普通のバーと同じような営業形態にとどめなくてはいけないのです。
普通の飲食店でも、店員は飲み物や食べ物を運んできたりはしても一緒に隣に座っておしゃべりをしたり、飲み食いしたりはしませんよね?それが明確な区分です。

■ガールズバーで許可されている営業
つまり、ガールズバーでは例えば女性のバーテンがカウンター越しにお酒を提供しながら店員さんとおしゃべりをしたりすることは許されていても、男性の隣の席に座ったりして接客することは出来ないという事なんですね。
ガールズバーは言ってみれば、スナックなどに近いのですがそれよりも男性との距離感をお客と迎えるスタッフとが明確に分かれている物になっているのです。

■ガールズバーの楽しみ方
つまり、ガールズバーとは可愛くて綺麗な女性ばかりが店員になってる普通のお店なのでエッチなことや接待などはしてないので普通にお酒を嗜み目で楽しむ場所という事です。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 副業でガールズバーを選ぶ際の注意点 All Rights Reserved.