副業でガールズバーを選ぶ際の注意点

ガールズバーでお客様にお酒を作って稼ぎましょう。 - 副業でガールズバーを選ぶ際の注意点

副業でガールズバーを選ぶ際の注意点

tjytd
昼間にOLをしながら、夜はガールズバーで接客し、収入を増やす方も増えています。
副業としてガールズバーを選ぶ際の注意点をご紹介します。

高時給というメリット

昼間に他の仕事をしながら、収入を増やすためにかけ持ちの仕事を抱える方も多くなっています。
そんな時に有力な候補に挙がるのは、居酒屋などの飲食店です。
しかしもっと効率良く働きたい方には、ガールズバーという選択肢が出てきます。

ガールズバーという副業

夜のお仕事の中でも、最も気軽に始められるのがガールズバーです。
キャバクラやクラブはハードルが高いという方でも、ガールズバーは手軽に始められます。
バーのマスターが馴染みのお客さんと話を楽しむように、カウンター越しにお客さんと会話を楽しむ場所です。
隣に座ることによる不安感もないため、安心して働くことができます。

確定申告は必要?

ガールズバーでの給与は少し特殊です。
ガールズバーから支払われる給与は、所得税の確定申告を個人事業主の事業所得として申告しなければなりません。
昼間にOLをされている方であれば、OLは給与所得、ガールズバーは事業所得となります。
そのため確定申告をした際にガールズバー側から天引きされた給与のうち、源泉額が多かった場合、戻ってくることがあります。

税金を遅延してしまうことによる痛い代償

確定申告を忘れ、税金を支払わずに延滞してしまった場合には、延滞税が発生します。
年14.6%という金利に加えて、加算税まで課せられてきます。
これから働くことになるガールズバーのお店に「確定申告をするので、支払調書を下さい」そう伝えて下さい。
それがあれば確定申告ができるので、重い罰則が課せられる心配もありません。
税金を納めなかったことが故意にせよ、知らなかっただけにせよ、大きな痛手を被ります。
抜かりのないように下調べは入念に行っておきましょう。
夜のお仕事の中でも、気軽に始められるのがガールズバー。
しかしメリットの多い反面で、発生しってくるデメリットも知っておきましょう。

意外にも体力が必要

ニコニコしながらカウンター越しに接客をしていれば良いというイメージのガールズバー。
しかし高いヒールを履いての長時間の立ち仕事です。
女性ならわかりますが、高いヒールでの立ち仕事は地獄です。
1時間なら我慢できても、2時間以上となると、話は別です。
ある程度、時間が経てば慣れる面はあるものの、やはり痛みに耐えられず辞めてしまう女の子も多くなります。

声がしゃがれてくる

ytjytd
夜のお仕事なら、どこにでも共通してくるのがこのデメリット。
風邪をひいているかのように、声が酒焼けしてきます。
もちろんすべての子にではありませんが、タバコを吸っている場合なら、尚更リスクが高まります。
お客さんとのたくさんの会話にお酒、そしてタバコ。
ハスキーボイスになってしまえば、夜の仕事をしている女の子というイメージが周囲に定着してしまいます。
将来のことを考えると、この点も大きなデメリットになります。

女子の職場には付き物のイジメ

「女性が職場は人間関係が大変」これは晩年共通のものです。
女性スタッフがたくさん集まっているガールズバーでももちろんあります。
お客さんにセクハラをされるよりも、精神的に受けるダメージが大きくなります。
接客業のため、毎日が楽しい仕事のわけではありません。
それに加えて、同僚からのイジメとなると、いくら時給が高くても続けることは困難です。

キラキラしているガールズバーの裏側

華やかな店内で、ニコニコとしている綺麗な女性たち。
しかし裏側ではこのような悩みを抱えています。
「こんなはずじゃなかった」とすぐに辞めてしまう人が多い反面で、楽しみながら長く続けている人も少なくありません。
デメリットを払しょくできるメリットが、自分の中で見出せるのかがポイントになります。

Copyright(C)2015 副業でガールズバーを選ぶ際の注意点 All Rights Reserved.